O脚の矯正には筋肉の強化がポイント

日本にはO脚の方が数多くいらっしゃいます。特に高齢の女性に多くみられるという特徴があります。そもそも、O脚になる原因は何なのでしょうか。原因のひとつに下肢の筋肉の筋力低下が挙げられます。体重の増加に伴い膝関節にかかる負荷が高まりますが、下肢の筋肉の筋力低下によって自分の体重を支えることができなくなります。それにより、膝関節にある軟骨が擦り減った結果、下肢が変形していきます。その際、膝関節の内部では骨と骨とがぶつかり合っています。そのため、膝関節周囲に強い痛みを訴えられる方は少なくありません。痛みが強い方は歩行や立ち座りなどの日常生活動作が困難となることもあります。では、一度O脚になった下肢を元に戻すことはできないのでしょうか。治療法の一つに、膝関節に人工関節を用いるなどの手術を行うことがあります。しかし、それには手術費用・入院費用などがかかるため、容易に行えるものではありません。そこで、自宅でも行える治療法を紹介します。それは下肢の筋肉を鍛えることです。大きな原因の一つである下肢の筋力低下を改善させれば良いのです。筋力が向上することで膝関節にかかる負担が軽減し、下肢アライメントが正されます。効果には個人差がありますが、痛みが消失する程の効果を認めることもあるため、痛みに悩まれている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

O脚を治すには骨盤のゆがみを矯正して筋肉をつけること

O脚の原因として猫背で前傾姿勢のため足の指にうまく力がかかっていないのが理由の一つと言われています。正しい姿勢にも戻して猫背を治すことが必要になります。また、普段床に座って生活をしている人は、横座りやあぐらをかいたりする事が多いのではないでしょうか。日ごろの座り方が原因になっていることもあります。自分でO脚かどうかわからないという人は、確認する方法があります。まずは脚のかかとを揃えて立った時に、脚の隙間が一切ないという人は正常です。しかし膝の間が空いていたり、ふくらはぎから太ももにかけての間まで丸く間が空いているならばO脚となります。改善方法として、骨盤のゆがみを治して脚の内側の弱った筋肉を鍛えるという方法があります。骨盤がゆがんでいることで、膝痛や腰痛になりやすく、血流も悪くなるので冷え性にもなりやすいです。脚だけでなく身体全体に悪影響があります。脚の筋肉のバランスを取り戻すことで骨盤のゆがみも解消できます。毎日の軽い運動で、筋肉に軽い刺激を与えながら持久力のある筋繊維を作ることが大切です。自分ではできない場合は、整体やエステ、カイロプラティックでも骨盤矯正を行っていますので、本気で治したいという人は自宅から通えるところにないか調べてみると良いでしょう。

O脚の矯正には筋肉の強化がポイント

Find More Sidebar Options from Toggle Bar Above