O脚と筋肉の関係について

O脚と筋肉の関係について調べてみました。太ももの外側が硬くなってヒザが開いてしまった状態がO脚だそうです。内転筋というのが関係しているようです。内転筋は恥骨から大腿骨につく筋肉で、その作用は足を内転(内側に閉じる)することです。内転筋は足(大腿骨)を内側に動かす筋肉です。歩行の際に上げた足を内側に下ろすようコントロールするのが、内転筋の役割でもあります。ここがが仕事をしないと大変なことになります。というのは足を下ろすときにヒザが外側を向いてしますからです。毎日毎日、足を外側に向かって下ろしてしまうと、O脚の原因にもなります。またそのまま歩き続けると、当然ヒザにもストレスがかかったしまいます。数年後にはヒザをいためることにぼなりかねません。座ったときに股が自然に広がってくる人は、広げてるのではなく、閉じる力が乏しくなってきているということです。股をひらいてままで座っていると、内転筋を使用しなくて、なんとなく楽ですが、どんどん内転筋は弱っていきます。普段から、生活の中で内転筋意識したいです。歩くときは少し大股で、つま先をまっすぐ前に出すように、意識して。そうすると大腿筋、臀部筋、内転筋も鍛えられます。

O脚の改善に必要なのは筋肉

O脚の原因のひとつとして挙げられるのが足の筋肉です。その中でも内転筋という太ももの内側にある筋肉を鍛えると効果があるそうです。内転筋は足(太もも)を内側に動かす為にあるのですが、これはスポーツ選手だけが必要なモノではありません。歩行時に上げた足を内か外に動かす舵の様な役割があります。要は足(太もも)のコントローラーですね。この筋肉が弱って内側に太ももをコントロールすることができなくなりO脚の広がりが大きくなっていくといったこともある様です。一般の方でもここが機能しないと大変なことになります。というのは足を下ろす際に膝が閉じれず外側に向かってしますからなんです。この様な動きを続けているとO脚の原因にもなりますし、悪化の原因にもなります。合わせてそのまま改善せずにいると膝を痛める結果となります。内転筋を鍛えることを意識しながら歩行する、座っている時に何か物を挟んで座るなど、足(太もも)を内側に閉める様に意識していると自然と鍛えられます。日々日常の生活の中でどれだけ意識するかで将来の結果は大きく変わってきます。それと内転筋を鍛えると足がスリムになって見えますので女性の方にはかなりオススメです。

O脚と筋肉の関係について

Find More Sidebar Options from Toggle Bar Above