O脚と筋肉の関係とは

O脚と筋肉の関係とは、骨盤から大腿骨につく筋肉が重要だと言われています。ちなみに歩行に関する重要な筋肉は、大腿骨全面詳しくは太ももの前につく四つある大きい大腿四頭筋です。大腿直筋、内側広筋、中間広筋、外側広筋があります。膝を伸ばす事や、股関節を曲げるのに重要と言われています。この大腿四頭筋は太ももの前から膝の少し下側まであります。また、大腿骨の内側についている内転筋があります。この内転筋は、薄筋、恥骨筋、長内転筋、短内転筋、大内転筋があります。膝を閉じるなど股関節を閉じる動きに重要と言われています。またこの内転筋は、なかなか鍛えるのに難しいと言われいます。でも少しは鍛えないと歩行する時、膝を上がるときに膝を内側に引き寄せる事が出来なくなります。普段座っている時、この内転勤が弱くなっていると膝を閉じることがつらくなって段々と膝が開いて座れなくなッてきます。膝を開いて歩くということは、後々に大変な事になると言われています。膝の関節の中にある関節の袋みたいな所が色々と形が変わり、上の骨と下の骨の隙間がなくなり、お互いが当たる事で、かなりの激痛が出るといわれています。O脚は、とにかく筋力で予防は出来ると思います。無駄な医療費を使わないように筋肉トレーニングで治すO脚日常生活を送っていくなかで、脚への負担は大きいものです。特に女性は、ヒールを履くと、足、膝への負担が大きく、変形を助長してしまう恐れがあります。その中でも多いのがO脚です。O脚とは、膝が外側に偏移した常態で、両足の内側が足を揃えても、触れ合うことがない状態です。では、なぜ悪いのか。これは、重心線が膝の内側を通るために、下肢全体で、荷重できていない為に、筋肉のアンバランスが生じてしまい、将来的に変形性膝関節症などを誘発する可能性があるからです。逆に言えば、若いうちから下肢の筋肉をつけて、正常に近い状態にすれば、将来の膝、腰の痛みを避けることができるということです。具体的には、太ももの前にある、大腿四頭筋を鍛えることにより、膝への負担が軽減します。O脚の原因は、この大腿四頭筋の内側が弱ってしまうことが原因とされています。女性は、男性よりも筋力が弱いために、下肢、足の変形が多いのです。筋力トレーニングは、普段から階段の上り下りの回数を増やしたり、日常生活を工夫することで、特別なトレーニングが必要ありません。どうしても、気になる方は、スクワットを行うと筋力トレーニングになります。このとき、膝は、つま先と同じ方向にすること、つま先より膝が前に出ないことが重要です。

O脚と筋肉の関係とは

Find More Sidebar Options from Toggle Bar Above