正しいウォーキングでO脚矯正

スカートからすらりと伸びた美脚は誰もが憧れます。特にO脚の人にとっては、真っすぐな足は理想です。O脚は後天的になります。小さい頃からの何気ない習慣が積み重なってなるケースがほとんどです。例えば、特定の片方だけに体重をかけて正座したり、足を組んで椅子に座ったり、そういったクセが原因でなってしまうのです。O脚矯正はお金をかけなくても普段の生活の中からできます。歩くときは足裏の体重を外側ではなく内側にかけるようにします。そしてつま先は常に真っすぐ正面です。外側でも内側でもダメです。足を出して進むのではなく、後ろ足で蹴り上げて進む感じを意識して歩行するようにします。慣れるまでは難しいですが、マスターすると意識しなくても歩けるようになります。歩行することは人間の基本なので、毎日できるO脚矯正方法です。

 

お手軽アイテムでO脚矯正

O脚は深刻な悩みです。見た目もそうですが、ほとんどのO脚は骨盤が開いていることが原因です。冷え性や腰痛、便秘などを引き起こすのも骨盤の歪みです。O脚を改善したい人は、骨盤を正すことから始めることです。お店に行くと沢山のO脚矯正、骨盤矯正アイテムが売られています。O脚矯正グッズの中で手軽でお勧めなのが、スリッパです。履いているだけでO脚が改善されるスリッパで、自然にふともも、ふくらはぎの内側に体重がかかるような設計になっています。家にいて家事をしながら矯正できる便利アイテムです。骨盤を圧縮するタイツやストッキングも便利で、履きながら矯正できます。見た目も普通のタイツを変わらない、機能性もファッション性もあるものが多くあります。日々の生活の中でこつこつと努力すれば、憧れの美脚に近づくことができます。

 

浮き足を直してO脚矯正

真っすぐ立った時に両膝が付かないことをO脚と言います。O脚は日本人に多く、正座などの日本独特の風習が原因と言われています。O脚矯正をするには正しい歩行です。O脚の人は自然に外側に体重をかけて歩いています。それを直すだけでも違います。また、O脚の人は歩くときに両足の親指が浮いている傾向があります。これは浮き足といい、足に負担がかかる良くない歩き方です。歩くときは両足の親指をしっかり地面につけることです。履いている靴も重要です。足が浮いてしまうのは大き目の靴を履いているのが原因の場合があります。靴の中で親指が大きく動かせないように、きちんと自分に合ったサイズの靴を選ぶことです。自分が浮き足かどうかチェックする方法は簡単です。足の親指を持って反らせてみて、後ろに45度以上反るようなら浮き足です。当てはまる人は親指を意識して歩くと自然と改善されます。

正しいウォーキングでO脚矯正

Find More Sidebar Options from Toggle Bar Above